結婚にあれば有利なもの

今回は結婚する際にあったら有利なものをご紹介していきます。異性との出会いがなかなか無い人は、次のようなものを準備しておくと、運命のパートナーに出会えた時にスムーズに結婚することが出来ます。

結婚する際にあったら非常に有利なものその1は「持ち家」です。ほとんどの場合において、人は結婚したら二人で暮らすようになります。その際に絶対に必要となるのが二人の生活する「家」です。

多くの場合は結婚すると新しくアパートを借りたり、借家などで暮らすことになります。そうしてしばらく生活し、資金が溜まったら自分たちの家を新築したりするのですが、いずれの場合でも家賃や住宅ローンの支払いは発生し、結婚後の家計に影響します。

しかし、結婚前に持ち家があれば、家賃や住宅ローンの支払いは必要なく、結婚後の家計が楽になります。そうなれば多少収入が乏しくても結婚後の家計は安定しやすく、子育てもしやすくなります。自分が家を持っていなくても、将来的に親から譲り受けることの出来る家があるというだけでも相手の安心感は大分大きくなります。

次に、結婚にあれば有利なものは「土地」です。二人で暮らすには住居が絶対に必要であり、将来的に家を建てる予定があるのなら土地が必要になってきます。その際に新しく土地を買うとなれば利便性の高い土地であれば数千万円、多少不便な場所でも数百万円は出費を覚悟しなければなりません。

しかし、そのような土地を前もって持っていれば結婚後の見通しが立てやすく、家族計画も立てやすくなります。

次に、結婚にあれば有利なものは「貯金」です。結婚するにあたり、婚姻届を出すだけであればほとんどお金は必要ありませんが、結婚式を挙げたり、披露宴をしたりするにはそれなりのお金が必要になってきます。

また、アパートを借りて新しく二人で生活を始めるにしても、敷金や礼金、前家賃に家財道具一式を揃えるとなると数十万円から数百万円は必要です。お金が無ければ無いなりに結婚することは出来ますが、あれば有利であることは間違いありません。

もし、性格もルックスも同じような二人の人から求婚されたとしたら、貯金が沢山ある人とない人とでは求婚された人はどちらを選ぶでしょうか。そう考えると、貯金はあるに越したことはないのです。

出会いがないけど結婚したいなら

このページの先頭へ