友達の友達とは積極的に会うべし

異性との出会いがない人間におすすめの人間がいます。それは「友達の友達」です。この「友達の友達」というのは思いの他上手くいく事の多い相手で、結婚式などでも二人の出会いを紹介するコーナーでは、「二人は友達の友達として出会いました」というような紹介文がとても多いのです。

友達の友達というのは、年代が近かったり、趣味が近かったりと意外と共通点が多く、出会えばすぐに仲良くなることが出来る相手なのです。

しかも、お互いに共通する友達がいますから、何かと連絡も取りやすく、また、グループでも遊びに行きやすいのが特徴です。

例えば、知り合ったばかりの人間と二人っきりで映画を見に行くのは気まずいものですが、共通の友達を含んだグループで見に行けば楽しく、また会話も弾みます。

少しくらいエキセントリックな発言をしても、友達がフォローしてくれたりします。それに、友達の友達なのですから、よほど性格の悪い人間や、回りに迷惑をかけるような人間は滅多にいません。このようなメリットが沢山あるので、友達の友達に結婚適齢期の異性がいたら是非紹介して貰いましょう。

ただし、気をつけたいのは三角関係です。その異性が魅力的な異性だったりした場合、三人で一緒に遊んでいると友達を含んだ三角関係に発展してしまうことがあります。

そうなると誰かが傷つくことになってしまいます。恋愛は幸せなことばかりではありません。古今東西、恋愛にまつわる悲劇や事件は数多く、人々を辛い目に合わせてきました。

しかし、だからこそ恋愛は素晴らしいともいえます。恋愛以上に人々を感情的に幸せに、また不幸せにするものはありません。恋愛による幸せを味わいたかったら、勝ち取るしかない瞬間もあるのです。

しかし、出来ることなら誰も不幸にならないような方法で幸せを掴みたいものですね。自分の友達というと結婚相手の対象にならず見逃してしまいがちなのですが、その友達には友達がいることを忘れないようにして、機会があったら紹介してもらいましょう。

出会いがないけど結婚したいなら

このページの先頭へ