結婚は素晴らしい

昔は結婚適齢期になれば結婚するのが当然であり、そうしない人間は風変わりな人間として周囲から奇異の目で見られたりしたものでした。しかし、時代は変わり「結婚しない」という生き方も認められるようになってきました。

男女共に晩婚化が進み、結婚をして子育てをする以外の生き方を選ぶ人も増えました。キャリアウーマンとしてバリバリ働く女性も増え、パートナーを必要としない人生を送っている人も沢山います。

男女雇用機会均等法や各女性団体の活動により女性が社会に進出し、結婚をして子どもを産み、子育てをするだけが女性の生き方でないことも広く世間に知られるようになりました。

そのような風潮の中で、「パートナーに依存せず、一人で生活できる人間が真に自立した格好良い人間である」というような空気や考え方が一部の人の間で流れています。

では、結婚せずに一人で生きることが出来る人間が真に素晴らしい人間なのでしょうか。答えはそうではありません。一人で生きることが出来る人間も、誰かと共に時間や場所を共有できる人間もどちらも素晴らしいのです。

ですが、異性との出会いがなかなかないと、「一人で生きる」ということを選択してしまいがちです。しかし、結婚は素晴らしいものです。結婚生活は経済的で心地良く、一人では体験することの出来ない愛に溢れたものです。

仕事から帰ってきた時に家の電気が付いていて、パートナーが笑顔で迎えてくれた時や、新しい家族が生まれた時、また何気ない日常の出来事で家族と一緒に笑いあえたりする時に感じる幸せは、結婚しなければ得ることが出来ないものです。

また、経済的な恩恵や、次の世代を作るといった働きも結婚には含まれています。子育ては結婚しなければ出来ないというものではありませんが、愛する人との子どもを作り、育てるのは何にも勝るクリエイティブで愛に溢れた活動だと言えるでしょう。

このような愛は、結婚しなければ味わうことが出来ないものなのです。異性との出会いがないからといって結婚を諦めずに、どうしたら結婚できるかを考え、実践していきましょう。

出会いがないけど結婚したいなら

このページの先頭へ