専業主婦願望は時代遅れ

「結婚したい」という女性から話を聞くと、その多くが「結婚したら専業主婦になりたい」とか「結婚後は仕事を辞めて家で家事をしたり子どもの面倒を見て過ごしたい」と言います。

確かに愛する人の為に家事をしたり、自分の子どもを育てるのは愛のある素晴らしい行為です。仕事とは違った大変さはありますが、毎日が楽しく、やりがいのあることでしょう。

しかし、現代の日本は不況が続いており、男性一人の収入では家計をやりくりするのが難しくなっています。子どもを作らない夫婦の何割かは経済的な理由で子どもを作ることを控えており、少子化に拍車をかけています。

そのような社会の中で、未婚男性の多くは「結婚後には妻にも働いてもらいたい」と考えており、未婚女性との考え方のすれ違いが生じています。しかし、いくら女性の社会進出が進んだからといって、妊娠や出産で仕事を長期間休まなければならない女性はまだまだ男性に比べると就職には不利なのが現状です。

出産で何ヶ月も会社を休まなければならない女性は、男性に比べて採用されにくいという問題があり、また採用されても出産を期に退職を勧められることもあります。

しかし、未婚男性達のいう「働いて欲しい」は「正社員として働いて欲しい」という意味ではないのです。「パートやアルバイトでも良いから働いて家計を助けて欲しい」という意味と「外で働く大変さを分かって欲しい」という意味での「働いて欲しい」なのです。

男性は外で働き、女性は家を守る、という時代は終わりました。今は夫婦が協力して働き、そして家を守る時代です。結婚したいのなら、専業主婦願望は捨てましょう。結婚相手の男性に、自分の父親と同じように自分を養ってくれることを期待してはいけません。

特に出会いがない人間は、自分の理想を追い求めていると婚期を逃して手遅れになることがあります。楽をする為にするのが結婚ではありません。パートナーと一緒に次世代の人間を育てたり、自分一人では味わうことの出来ない幸せや愛を感じるためにするのが結婚です。

現実を見て、時には自分の考えを変える柔軟さも持ち合わせたいものです。

出会いがないけど結婚したいなら

このページの先頭へ