お見合いで出会いを求めるのなら

一昔前は「お見合い結婚」というのは珍しくありませんでしたが、最近ではほとんど聞くことがなくなりました。最近では「お見合い」というシステム自体がもうほとんどなくなっており、「お見合いしたいのだけどどうしたら良いか分からない」という人も増えています。

「お見合い」というのは簡単に説明すると個人によるパートナー紹介システムのことなのですが、善意によるボランティア行為なので結婚相談所のような気の利いたシステムを期待してはいけません。一般的にお見合いをセッティングしてくれるのは親戚の中で顔が利く人間だったり、会社の上司だったりします。

昔は結婚適齢期になっても未婚のままでいる人間には、希望しなくても親戚や会社の上司などからお見合いの話が来たものでした。お見合いは、基本的に「自分より年上で立場が上の人間」に異性を紹介して貰う形になります。

ですので、お見合いしたいのなら、親戚や会社の上司に「自分が独身で結婚を考えているけれど出会いがなくて良いパートナーが見つからない」ということや「結婚適齢期の異性を探している」などということをそれとなく伝えてみましょう。

お見合いの利点は相手の確実な身元確認が出来ることと、ほとんどの場合においてある程度人間的に信用できる相手を紹介して貰えるということです。お見合いは結婚相談所などと違い、紹介人の「善意」による行為ですから紹介人から見て「この人間は問題がある」と思った人間は紹介されません。

そのような人間を紹介してしまうと、後の人間関係に支障をきたす事になるからです。ですから性格が合う、合わないは別として、膨大な借金があるとか、素行不良だとかの人間はまず紹介されません。こういった点がお見合いの利点なのですが、逆にお見合いには欠点もあります。

それは紹介して貰った相手との結婚を断ったり、また結婚した上で離婚することになったりした場合に紹介人の顔をつぶす事になるということです。

そうなると後の人間関係に問題が起きたりして、紹介した方も紹介されたほうも気まずい思いをします。それが最近お見合いが行なわれない大きな理由であり、離婚率の高まっている現代では当然の流れなのかも知れません。

出会いがないけど結婚したいなら

このページの先頭へ