結婚と年齢の現実

結婚を意識している年齢の人間であれば、誰しもが一度は「愛さえあれば年の差なんて」というような台詞を聞いたことがあるのではないでしょうか。

確かにこと男女交際においてはほとんどの場合において愛さえあれば年齢は関係ありません。何歳も歳が離れている歳の差カップルもいますし、50代や60代の熟年層の恋愛なんてものもあります。しかし、結婚はなかなかそうはいかないのが現実です。

しばらく前に有名な男性芸能人が自分より40歳以上年下の女性と結婚して話題になりましたが、このようなケースは稀であり、一般的な社会ではほとんど起こりません。相当の資産家でなければ何十歳も離れた年下の異性とは基本的には結婚できません。

また晩婚化が進み、30代で未婚の人も珍しくない時代になりましたが、女性の場合は40代、男性の場合は50代になると結婚できる可能性が非常に低くなります。

女性の社会進出が進み、女性だからといって家にいなくても良い時代になりました。しかし、「若いうちに手に職をつけたい」とか「今は仕事が楽しくて結婚なんて考えられない」なんて言っているうちに人間はあっという間に歳を取ります。

女性は出産の都合がありますから、若い時に仕事をして落ち着いてから育児をするという訳にはいきません。昨今の医学的な研究の結果、女性も男性も年齢が上がれば上がるほど子供が出来にくくなったり、女性は30歳以上になると障がい児の出産の確率が上がる事が分かっています。なお、この確率は年齢が上がるごとに高くなります。

親子共に健康に出産をし育児をするにはある程度の肉体的な若さはどうしても必要なのです。ですから、ある程度の経済力のある男性は若い女性を選びます。若い女性は得てして経済力が低いものですが、そのような男性は別に女性の稼ぎを気にしなくても大丈夫だからです。

とある結婚相談所では、年収1000万円以上の高所得の男性が集まっているところがあるのですが、プロフィールの欄には「30代以上の女性はお断りしています」なんてシビアな文章を書き込んでいる男性も何人かいます。

現在は30代や40代でもとても綺麗な女性もいますが、同じく美しい女性であれば30代の女性よりは20代の女性を結婚相手に選びたいのが男性の本音です。

男性の場合はそこまでシビアではありませんが、40代や50代になって結婚しようと思ったら、それなりの資産がなければ女性に選んで貰えません。40代や50代になっても貯蓄額が数百万円程度しかなければ、女性は貯蓄は少なくても若くて元気な男性の方を選びます。

「今のところ出会いがないけれどそのうち誰かに出会えるだろう」と希望的観測の元に今までと変わらない生活を送るのも一つの生き方ですが、本当に結婚したいなら自ら行動を起こしていかないと手遅れになる可能性があります。

出会いがないけど結婚したいなら

このページの先頭へ