結婚したいなら身近な人物を見落とさない

なかなか出会いがない人間が結婚相手を探そうとした時に、多くの人は自分が全く知らない人間を探そうとします。結婚相談所を使って相手を探したり、慣れない合コンで頑張って相手を探見つけたりする人もいますが、必ずしも良い人にめぐり合えるとは限りません。

そんな時は発想を変えてみましょう。新しい結婚相手を探すのではなく、自分が知っている人間の中から結婚するとしたら誰が良いか考えてみるのです。身近な人間というのは見落としがちで、昔から知っている人間の魅力というものは知っているようでなかなか分かっていなかったりするものです。

まずは自分の友達や元学友などから自分の好みの人間を探してみましょう。この機会にしばらく会っていなかった友達と会ってみるのも良い方法です。あまり親しくなかった友達と交友を深めてみるもの良いでしょう。今までは分からなかった魅力が見えるかも知れません。

また、親戚の中で好みの人間を探すというのも良い方法です。親戚であれば色々な法事で顔を合わせることもありますし、所用にかこつけて会いに行くことも出来ます。親戚のお姉さんやお兄さんが初恋の相手だというのは良く聞く話です。

もしその相手が未婚ならば、初恋だけでなく結婚まで考えてみても良いのです。親戚であれば身元が確かですから、隠れた借金や前科などの不安はほぼ皆無であると言えます。

また、同じ職場の人間にも目を向けてみましょう。相手の年齢をあまり厳密に決めなければ、案外職場や職場関係者の中に未婚で結婚しても大丈夫そうな相手がいるものです。

そのような相手は、交際を失敗すると職場で気まずい思いをする羽目になるというデメリットはありますが、同じ職場で働く仲間ですから共通の話題や共通の目標があったりして仲良くなりやすいのです。

本気で結婚したいなら、このような可能性を模索して選択の幅を広げましょう。良く知っていると思っていた相手でも、結婚対象として見てみると違った発見があり、意外とときめいたりするものです。

出会いがないけど結婚したいなら

このページの先頭へ