婚活イベントは上手に利用しよう

少子高齢化が加速度的に進む昨今の流れを受けて、地方の自治体は婚活イベントを行なうようになりました。自治体によって違いはありますが、基本的には企業の結婚支援サービスと大よそ似たような内容のイベントを行なっています。

ただ、企業と違いあくまでもお役所の仕事ですからサービスも最小限で自ら積極的に動かなければ良い出会いを見つけることは難しいです。が、その地方により特色のあるイベントがあり、半ば娯楽のような感じで参加することも出来ます。

自治体が主催する婚活イベントを利用するメリットは二つあります。

一つ目は参加費が安いことです。

企業の婚活支援サービスを使ったら、入会費と年会費を合わせて数十万円、それにパーティーなどのイベントに参加するごとに参加費がかかります。

その点自治体の結婚支援サービスの場合はイベントに参加するのに1回数千円、小旅行のようなちょっと高価なイベントでも1万円程度かかるだけです。

これくらいの出費なら、さほど収入が多くない人間でも気軽に参加することが出来ます。登録料や年会費は発生しません。地方自治体が主催する婚活イベントに参加するメリットの二つ目は、同じ地方に住んでいる異性と知り合えることです。

結婚するとなればお互いが住む場所は非常に重要です。どれだけ気の合う異性と知り合えても、お互いに遠い場所に住んでいて、そこで仕事をしているとなると結婚するのは難しかったりもします。

しかし、地方自治体が主催する婚活イベントには同じ地方に住む人間しか参加できませんから、そのような心配はいりません。

しかし地方自治体が主催するイベントにはデメリットもあります。それは集客が非常に少ないイベントもあるということです。地方自治体は企業ではありませんから、大規模な広告は打てません。

それに登録している人数も少ないですからどうしても参加者は企業のイベントに比べて少なくなってしまう場合が多いのです。酷いときは参加者が一桁しかいないような時もありますのでそのあたりは覚悟して参加する必要があります。

出会いがないけど結婚したいなら

このページの先頭へ