コネは最大限に使おう

「結婚したくても出会いが無い!」と嘆くなら、コネは最大限に利用するべきです。どんなに自分を研いても貯金をしても、理想の人間に出会えなければ意味がありません。

結婚相談所などで会費を払って相手を探すのも一つの方法ですが、身近な人間に結婚適齢期の異性がいたら紹介して貰えるよう頼むのも有効な手段です。

友人や学生時代の同級生などからは自分と同じ年代の異性を紹介して貰えますし、同じサークルや同好会のメンバーからは趣味が合う異性を紹介して貰える可能性が高いです。

また、年配の親戚の人からは身元が確実な相手を紹介して貰えますし、仕事の関係者からは自分とは全く違う世界の人間を紹介して貰えることもあります。自分と違う価値観や違う趣味を持っている異性と知り合うのは刺激的で良いものです。

どんなに交友関係が広くても携帯電話のアドレス帳がいっぱいでも、自分一人の知っている人間の数には限りがあります。狭い世界の中で結婚相手を選ぶのも一つの方法ですが、選ぶ相手はより多い方がより自分に合ったパートナーを選ぶことが出来ます。

また、「選ぶほど異性がいない!」という環境で暮らしている人も少なくありません。特に仕事が忙しかったり、親戚付き合いが少ない環境で過ごしている人はそうでしょう。

そのような場合は自分一人で結婚相手を探そうとせずに、周りの人間の力を借りましょう。恥じることはありません。昔の人の多くは「お見合い」といった形態を取って、結婚相手を他人に紹介して貰っていたのです。

個人主義が盛んになり人と人との係わり合いが薄くなっている現代ですが、結婚というものは社会的なことであり、たった二人で結婚することは出来ません。婚姻届けを出すにも証人が必要です。

それに、結婚したら一人でいたとき以上に沢山の人と関わり合って生きていくことになります。ですから、結婚相手を探すのも人の手を借りて良いのです。たった一人で相手を探そうとせずに、広い視野を持ってコネクションを有効に使って理想の相手を探しましょう。

出会いがないけど結婚したいなら

このページの先頭へ