結婚を前提にお付き合いするなら気をつけたい相手

気になる異性と結婚を前提にお付き合いすることになったなら、ただの男女交際とは違ったポイントにも気を配らなければなりません。特に出会いが少ない人間は、一人の相手を逃すと次を探すのが非常に大変なので気をつけたいものです。

まず相手と結婚を前提にお付き合いすることになったなら、相手と同様に相手の家族にも礼儀正しく好感を持ってもらえるような態度で接するようにしましょう。

相手の家に遊びに行く時は、出来ればお土産を持ち、食事などを頂いたらきちんとお礼を言いましょう。お土産はお菓子などが無難です。

また、基本的に日本の一般家庭の台所を任されている人間(一般的には母親)は他人が自分の家の台所に出入りするのを快く思いません。

ですので許可無しに勝手に相手の家の台所に出入りしたり、ましてや冷蔵庫を勝手に開けたりは決してしないようにしましょう。

結婚するということは一人前の大人として生活していくということです。ですから、自分と相手の結婚を認めて貰うには相手の家族にも一人前の大人として礼儀を失しないような態度で接さなければ「あの相手と結婚するのは心配だ」と思われてしまいます。

また、交際相手と結婚を意識するような交際をする場合はお金の使い方にも気をつける必要が出てきます。結婚するということは家計を共にするということです。

自分のお金だからといって趣味に湯水のようにお金を注ぎ込んだり、ギャンブルで頻繁に金銭を浪費するようではどんなに魅力的な人間でも「この人と家計を共にするのは不安だな」と思われてしまいます。結婚する相手はちょっと堅実すぎるくらいが評判が良いものです。

また、子どもへの応対も要注意です。外出先でよその子どもにあった際に邪険に扱ったりぞんざいな態度をとったりすると、交際相手に「この人と子どもを作ったらちゃんと育児してくれなそう」だと思われてしまいます。

相手との交際がそのような段階まで進んだら、気になる異性と幸せな結婚が出来るように気をつけて生活するようにしましょう。

出会いがないけど結婚したいなら

このページの先頭へ