求められる男性の金銭力

日本ではバブル期には男性の魅力の大部分は金銭力の高さだと思われており、「3k(高身長、高学歴、高収入)の男性こそ最高の男性」なんて言われていたこともありました。今ではそんな事はありませんが、それでも収入が高い男性が結婚に有利であることは変わっていません。

何故なら、収入が多ければそれだけ安定した生活が出来るからです。多くの人が結婚生活に安定を望んでおり、それを最も分かりやすく叶えてくれるのがお金です。女性の社会進出が進んだとはいえ、男性よりも収入が多い女性はほんのごく一部の大企業に勤める女性か女医くらいです。

いくら国が男性社員に育児休暇を出す企業を優遇しようとも、女性団体が男女雇用機会均等法を大声で叫んでも、妊娠や出産のリスクがある女性は企業で出世しにくいのが今の日本の現状です。そうなると、女性は男性に金銭力を求めます。

自分は妊娠や出産という避けようのない自然の摂理が絡んで高収入を得ることが難しかったとしても、男性にはそのようなことはありません。だったら自分が無理に働いて高収入を得るよりも、結婚相手の男性に働いて貰って高収入を得るほうが簡単なのではないか、と多くの女性が考えるからです。

以前女性競艇選手と専業主夫の話がTVで取り上げられたことがありますが、あのような夫婦は特例中の特例で、多くの女性が結婚後には男性の収入をあてにしています。しかし不況が続き、男性も余裕を持って妻子を養えるだけの収入が無い、という人も増えています。

男性の多くが「収入が心もとないから結婚後は働いてくれる女性と結婚したい」と考えており、逆に女性は「出来れば働きたくないから養ってくれる男性と結婚したい」と考えていることから、結婚への考えのすれ違いが生まれ、結婚できない男女を増やしているとも言われています。

出会いが少ない人間が結婚しようと思ったら、このあたりの問題については自分なりに考えて考えをまとめておく必要があります。

もし自分が結婚しようと思った男性が収入が低かったら結婚を諦めるのか、または結婚を考えている女性に「専業主婦になりたい」と言われたら自分はそれを叶える金銭力はあるのか。このあたりの考え方によっては探す相手も変わってくるでしょう。

出会いがないけど結婚したいなら

このページの先頭へ