「結婚したい!」と思わせる女性のテクニック

出会いが沢山ある女性であれば、一人や二人の男性との交際に失敗しても取り返しが利きますが、出会いが少ない人間はそうではありません。

出会いが少ない人間は、身近な人間と交際する場合でも結婚相談所を利用する場合でも、自分が「この人と結婚したい!」と思える相手に出会えたら、確実に相手にも同じように思って貰えないと、一人逃すと次はいつになるか分かりません。

ですので、結婚したい男性に出会えたら、相手に「この女性と結婚したい!」と思ってもらえるような交際テクニックをひっそりと使用しながら交際を深めていくことが結婚への近道です。そこで今回は男性に「この女性と結婚したい!」と思わせる女性の交際テクニックをご紹介していきます。

まずは出会ったばかりの段階から説明していきましょう。

アメリカのとある研究団体が結婚適齢期の男性にアンケートを取ったことがあるのですが、その結果「男性は出会ってすぐに肉体関係を持った女性とはなかなか結婚したがらない傾向がある」ということが分かっています。

つまり、合コンや婚活バー等で好みの男性と出会っても、結婚を考えているのならば「その日の内に肉体関係を持ってはダメ」だということです。また、出会った当日でなくとも、出会って日が浅いうちに肉体関係を持つのも良くありません。

どのような男性でも、伴侶となる女性には身持ちの固さを求めるものです。出会ってすぐに肉体関係を結べるような女性を男性は身持ちが固いとは判断しません。

アンケートの結果では、そのような女性は例え外見が整っていたとしても「伴侶として魅力的だとは思わない」という意見の男性が多かったのですから、男性がいかに「女性としての魅力」と「伴侶としての魅力」は別であると考えているかが分かります。

次にデート時のテクニックですが、男性に「この女性と結婚したい」と思わせるには「一緒にいると安らぐ」と思わせることが重要です。

これには「褒める」といったテクニックが簡単に使えるのでおすすめです。「褒める」ということは「相手を肯定する」ということです。どのような人間でも自分を肯定されれば心地良いものです。

難しく考える必要はありません。相手の男性の服装、髪型、趣味、考え方、何でも良いので大げさにならない程度に頻繁に褒めるようにしましょう。ホステスなどのいわゆる「男女交際のプロ」もこのような「褒める」テクニックを上手に使って男性の心を捉えています。

出会いがないけど結婚したいなら

このページの先頭へ