「結婚したい!」と思わせる男性のテクニック

いくら「この女性と結婚したい」と思っても、相手もそう思ってくれなければ結婚は出来ません。では、女性に「この男性と結婚したい!」と思って貰うにはどうしたら良いのでしょうか。

出会いが少ない人間は一つ一つの出会いが非常に重要なので失敗したくないものですが、臆病になってはいけません。女性は優柔不断な男性の態度を非常に嫌う傾向があるので、デートの場所をいつまでも決められなかったり、食事を何にするか長時間迷っているような男性と一緒にいるとうんざりしてしまいます。

女性は結婚相手の男性に大なり小なり「父性」を求めます。この求める父性のレベルは人により個人差があるので、父性があればあるほど良いという訳では決してないのですが、結婚適齢期の女性の多くは男性と交際している際に「この男性は子どもが出来たらどんな父親になるだろうか」というところまで想像して相手を見ています。

ですので優柔不断な態度や乱暴な言動は子どもにとって好ましいとは思えないため「この男性は伴侶として不適当である」と思われる要因となってしまうのです。逆に余裕のある落ち着いた態度や寛容さ、包容力などは結婚相手を探している女性にとって好ましく映ります。

では、そう思われるにはどうしたら良いでしょうか。

言動で寛容さを表現するのはなかなか難しいですし、全ての男性が父親のように落ち着いた性格をしている訳ではありません。しかし、簡単に女性に「この男性と結婚したい」「この男性と家計を共にしたい」と思って貰えるテクニックがあります。

それは「上手にお金を使うこと」です。

女性に限らず、多くの人間が結婚後の家計には安定とゆとりを望みます。金銭力のあるパートナーが好きなのは女性に限ったことではないでしょう。金銭力があれば精神的なゆとりにも繋がりますからあるに越したことはありません。

しかし、金銭力がさほどなくても、上手にお金を使うことにより「しっかりしている」もしくは「金銭的な余裕がある」というイメージを相手に伝えることが出来ます。注意すべきはお金を使うところと控えるところを間違えないことです。

「余裕がないから」などと言ってデートの際に彼女へのプレゼントを渋っておきながら、そのデートの中で自分用の新しいCDを買ったりするのは最も良くないお金の使い方です。

交際中の彼女と結婚したいなら、彼女の誕生日や記念日には思い切ってお金を使うことにより、相手良いイメージを与えることが出来ます。

出会いがないけど結婚したいなら

このページの先頭へ