恋愛と結婚は別物である

結婚しても交際中と同じような楽しい時が過ごせたら良いですよね。でも、恋人との交際と結婚生活は別物です。結婚しても恋愛中と同じような楽しさとときめきのみを追い求めるのは無理があります。

大好きな人と結婚して愛のある生活を送るのは素晴らしいものです。難しいことも辛いことも、愛があれば乗り切れます。
「愛さえあれば年の差なんて」なんても言ったりしますよね。

しかし、恋愛と結婚の「愛」は似て非なる部分が多く、結婚に恋愛と同じものを期待していると、結婚後に理想と現実の差にがっかりしてしまうことがあります。

恋愛中は主に二人の関係を維持したり深めたりすることが最優先事項ですが、結婚すると二人の関係の他に維持しなければいけないものが増えます。

それは住処だったり家族だったり世間体だったりするのですが、そういった物を守ろうとするとどうしても二人の時間が取れなかったり、ままならないことも我慢しなけばならなくなります。

その代わり、結婚したからこそ得ることが出来るものも沢山あるのですが、結婚に夢を見る人間は、そのあたりがごっちゃになってしまうことがあります。

異性との出会いが少ないと、異性と交際した際に一緒にいることの楽しさやときめきといった長所のみを強く感じるようになってしまい、いざ結婚しようとなって現実に直面した時に心が折れてしまう事があります。

結婚すると、交際中よりも一緒にいる時間が増えます。一緒にいる時間が増えれば、相手の良いところも嫌なところもそれまで以上に見えるようになってきます。家計が一緒になって初めて気づくこともあるでしょう。

結婚する前にそのような事について一度考えておく必要があります。「あばたもえくぼ」なんて言いますが、相手に夢中の時は欠点さえも可愛く見えたりするものです。それが一緒にいる事が日常になり、ときめきやドキドキがなくなっても、自分は相手と一緒にいることが出来るのか。

そう考えてみて「無理そうだな」と思ったら、その相手は恋愛するには向いているけれど結婚するには向かない相手かも知れません。逆に「そうなっても大丈夫だ」と思える相手に出会えたら、最善を尽くして結婚できるように頑張りましょう。

出会いがないけど結婚したいなら

このページの先頭へ